Sofa Sea 沙發海 / 陳綺貞

ようやく聴くことができた陳綺貞の最新作。リリースは昨年末ですが、なかなか手に入れる機会が訪れず、今になってようやく聴くことができた次第。まず最初にざっと通しで一枚を聴いてみた印象は今回はあんまりだなァ……だったのですが、この数日聞き込んでいるうちにようやく、嗚呼、いつもの彼女の音楽だなァ、と納得できたような気がします。

冒頭の「傷害」は今までにない激しいギターから幕を明けるハードな一曲で、そこから落ち着いた「小船」へと転じる構成がいい。「小船」から「殘缺的彩虹」、「台北某個地方」、「沙發海」は『GROUPIES 吉它手』あたりでも聴くことのできたお馴染みの曲調で、昔からのファンであればこれだけでも十二分に満足できるのではないでしょうか。

そして本作一番の問題作は「跳舞吧」ではないでしょうか。出だしの”らしくない”ギターのカッティングと打ち込みドラム(だと思う)だけでも十分に意想外だったのですが、曲が進めば進むほど、打ち込みドラムがPerfumeあたりのちょっと前の曲にしか聞こえないところにまず吃驚。そこからさらに進むにつれ中田ヤスタカでしょッ!としか形容のしようがない激しいブレイクビーツを披露してみせたりと、おしなべて陳綺貞“らしくない”一曲ながら、これが聴けば聴くほどクセになるから不思議なもの。通しで聴いたときには一番イケてない一曲だったのですが、収録作の中では今や一番のお気に入りかも知れない(爆)。

続く「她說」「華生」ではいつも通りの曲調にあっさりと戻るのですが、よくいえば彼女らしい曲展開と構成ながら、前半の「小船」から「殘缺的彩虹」、「台北某個地方」、「沙發海」への流れと同じで全体的にトーンが同じところが地味、単調と感じてしまった所以かもしれません。

「變色龍」で再び激しいギター曲へと転じて、最後の「觀察者」でしっとりとシメてみせるアルバム構成は、昔からのファンであれば安心して聴き通すことのできる一枚としても納得できるものでしょう。その一方で、やはり自分としては神がかった美しさが強烈な印象を残す「一首歌,讓你帶回去」で閉幕する『太陽』に比較すると、やっぱりちょっと地味だよなァ、……とこの感想を書くために再び『太陽』と『時間的歌』を聞き返してみるにつけそんなことを感じてしまうのでありました。

決して悪くはない一枚なのですが、『還是會寂寞』からの彼女の変遷を知らない新たな聞き手の方が本作を素直に愉しめるような気がします。もう少し聞き込んでいけばまた印象を変わってくるかもしれないので、しばらくはヘビロテで流してみることにします。

52赫茲 / THE VERSE

3 comments on “Sofa Sea 沙發海 / 陳綺貞

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です